2011年06月25日

食事指導

慢性疾患・アレルギーなどで困って受診していただいている患者さんに
診察時に説明している内容を少しずつブログに掲載していきます。

一般の医療では非常識という内容もあるので、自然医療、東洋医学、漢方などに
興味が有る方だけ、参考にしてください。

疑問や反論等あるのは当然だと思いますが、ブログ上では伝えられる情報に限界があるので
あたたかい目で見守ってください。

避けてほしい食品パート1

牛乳・ヨーグルト・チーズ・バター・生クリーム・アイスクリーム・プリン・ケーキ
その他、加熱されていない乳製品



大量生産された牛乳は様々な問題が在るようです。

細菌汚染、農薬、ホルモンの害、アレルギー反応を起こしやすいタンパク質などなど

農薬や有機肥料を使っていない牧草を食べていて、放牧で育った元気な牛で、妊娠期間中に搾乳されていない牛乳であれば、嗜好品として
飲んでも良いかもしれません。


参考文献1
なぜ「牛乳」は体に悪いのか フランク・オスキー著 東洋経済新報社

   第5章 牛乳はカルシウム源として不適切である 
    82ページ カルシウム所要量の落とし穴

   第6章 牛乳にありがちな風味の劣化と細菌汚染
    92ページ 牛乳の細菌汚染の問題
    94ページ 残留農薬の毒性の問題

参考文献2
乳がんと牛乳 ジェイン・プラント著 径書房

   第4章 金持ち女の病気
    127ページ ホルモンと乳房

   訳者後記
    298ページ
posted by くま at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。