2012年12月20日

アセンションにむけて

時々患者さんに、アセンションについてどう思いますか?と尋ねられることがあります。

以前は、何か大変なことがあるかもしれないと思っていた時期もありましが、
最近は、たとえ何かあったとしても、自分らしく過ごしていればよいと思うようになりました。

患者さんには、
特別なことがあるかどうか分からないけど、淡々と慌てず騒がず
何かあったとしても「神様にお任せ」の気持ちで、心静かに過ごすとよいのでは?
と説明しています。

ある方からも同じようなメッセージをいただきました。
ご参考になればと思い紹介いたします。

(引用ここから)

12月21日まであとわずかになりました。

とりたてて大きな変化はあるような、ないような、時は自然に流れていきます。

私の心は、12月22日から、地球が意志をもって動き出すと教えています。

「全てを感謝をもって受け入れよ」とのメッセージも来ています。

静かに、その日を過ごしてゆこうと思います。

自然に成り行きにまかせ、淡々と過ごしましょう。

(引用終わり)

日曜日に天外伺朗さんの講演を受けましたが、
人も、社会も少しずつ進化していると仰っておられました。
その事実に対して、もっと信頼しても良いのかもしれません。

選挙の結果には驚きましたが、天外さん曰く、国会議員が変わるのは
一番最後になるだろうとのこと、(自己顕示欲が強いと"成熟した自我"に入れないらしい)
お偉いさんは置いといて、我々庶民が、先に精神的に進化して行きましょう。
posted by くま at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。