2012年11月27日

【臨時号】放射性物質の害を最小限に抑えるために

連載開始から間もなくして、福島原発の事故が起きました。
体に負担をかけない方法で、少しでも放射性物質の害を減らすことが出来れば、、、と書きました。


【臨時号】放射性物質の害を最小限に抑えるために
ここで紹介する方法は日常でできることで、体に害のない方法を中心に挙げています。公的機関の指示があればそちらを優先してください。また、完全に放射性物質の影響をなくしてしまう方法ではありません。自己責任でお願いいたします。 放射線から体を守る原則は距離、時間、遮蔽と言われています。「放射性物質に近づかない」「時間の経過を待つ」「自宅から外に出ない」のが原則です。雨に濡れないようにすること、外出時はできるだけマスクをすること、自宅や車の窓を開けないことなど、 体に放射性物質が付いたり、取り込んだりしないように気をつけてください。可能であれば遠方に退避するのが良いと思いますが、先日佐賀県でも放射性ヨウ素が微量ながら検出されました。全く影響を受けないということは不可能なようです。

放射線の人体や細胞への害は、極論すれば強力な酸化ストレスと言えます。

体外に付いた放射性物質は洗い流せば落ちますが、体内に入った放射性物質に関しては、体内に存在する間、継続して人体に放射線の影響を与え続けます。 私たちにできることは、酸化ストレスを中和してくれる食事やサプリメントを摂り続けることだと考えます。

抗酸化力の強い物質としては、アルファリポ酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン(ベータカロテン)、ポリフェノール、カテキン、メラトニン等が挙げられます。これらの成分を含む食品やサプリメントを継続して摂取しておくとよいでしょう。食品では玄米(ヌカ)には様々な抗酸化作用のある薬効成分(フィチン酸、フェルラ酸、ガンマオリザノール、ビタミン類等)が含まれています。玄米は毎日「よくかんで」食べるのがオススメです。

また醗酵菌や有用微生物の働きが、放射性物質の影響を緩和する可能性があるようです。味噌や日本酒(生原酒)などの醗酵食品やEM菌をふくむ製品(EMW等)を、継続して摂取しておくと良いかもしれません。(お酒は飲み過ぎないように )

EMは水分を摂る時に、コップに小さじ1杯程度、お料理にも入れると良いと思います。継続することが肝心です。

お子さんは、サプリメントや玄米は摂りにくい場合があるので、玄米甘酒(ミキサーしたほうが食べやすいです)をおすすめします。すぐに作れないときは健康食品店などで玄米クリームや玄米粉(リブレフラワー)を買ってください。昔は母乳が出ないときは赤ちゃんに重湯を飲ませていたそうなので、ミルクにリブレフラワーを混ぜてあげると良いと思います。ちなみに私の子どもには以前から、東城百合子先生ご推薦のソイヤラック(豆乳ミルク)にリブレフラワー、玄米酵素(玄米を麹菌で醗酵させた健康食品)を混ぜて飲ませています。後は、できるだけ海藻類(焼き海苔や根こんぶ)を食べるように心がけてください。

最後に、個人的には祈りの力も信じています。一日も早く被災した方が通常の生活にもどるように、原発事故の影響が最小限でとどまるように、大きな天災がやってこないように、毎朝氣功をしてから「幸せで明るい地球」をイメージしています。みなさんも良いイメージを持ってお祈りや瞑想をしてみてください。古代ハワイのヒーリング、ホ・オポノポノをご存じの方は、今こそ集中してやってみてください。五日市剛先生や小林正観先生の「ありがとうございます(感謝します)」もおすすめです。私は「ありがとうございます(ありがたいなあ)」「幸せだなあ」「愛しています」というのが気持よく続けられると感じています。怒り、不安、心配、イライラ、悲しみ、不平不満など感じることがあると思います。一時的には仕方ないと思いますが、その状態が続けば血流が低下して、体温が下がり、免疫力が低下します。騙されたと思って真剣に「ありがとうございます(等)」を心で言い続けてみてください。頭にマイナスの思いがなくなれば、血流が改善し、体温が上がり、免疫力が上がっていくはずです。
posted by くま at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。