2012年11月08日

性教育

今日は校医をしている中学校に性教育の講演をしてきました。

中学校2年生を対象にしたもので、主に思春期の体の変化、受精から出産まで、望まれない妊娠・中絶について、性感染症(クラミジアやHIVなど)、命の大切さ、について話してきました。

佐賀県は、10代の人工妊娠中絶率が全国でも常に上位であることも説明しました。
http://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/_1018/_19950/_19435/_19549.html

資料は佐賀県医師会が作成したものを利用して、スライドを紹介しながら話してきましたが、
強調したのは、

みんながいかに愛されてきたか
先祖からの命のつながり
子孫へのバトンタッチのスタートであること
自分を大切にすること
友人やパートナー、家族を大切にすること

最後に佐賀で活躍されている
草場一壽氏原作の
「いのちのまつり」ヌチヌグスージ
http://www.ehonnavi.net/ehon/6659/%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A/
を紹介しました。


後で感想文を書くことになっていたそうなので、
先生にお願いして見せていただけることになりました。

一人ひとりがどのように感じてくれたか感想文を読むのが少し楽しみです。
 
posted by くま at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。