2011年05月19日

不活化ポリオワクチン情報

先日、読売新聞佐賀支局の記者さんが来院されて、不活化ポリオワクチンについての取材を受けました。
その時の記事が読売新聞 佐賀版に掲載されましたので、掲載します。


読売新聞 2011/05/15 佐賀版

ポリオ 未承認ワクチン接種増

ポリオの生ワクチンの予防接種が原因とみられるまひの発症を避けるため、海外から発症の危険性のない「不活化ワクチン」を輸入して乳幼児に接種する医療機関が増えている。県内の現状を調べた。(山根秀太)

ポリオの予防接種で一般的に使われているのは生ワクチンだ。毒性を弱めた生きたウィルスをそのままワクチンとして使うため、まれに感染し、発症することがある。世界保健機関(WHO)の調べによると、世界で100万回に2〜4件の割合で発症しているという。国内では1989年度からの20年間に計80件の発症が確認されており、県内にも認定患者が1人いる。昨年は兵庫県と神奈川県でワクチンによる感染が報告された。
 一方、不活化ワクチンは死滅したウィルスを使っているため、安全性が高く、アメリカを始め多くの国がこちらに切り替えているが、日本では未承認のままだ。厚生労働省が安定供給を重視し、「ワクチンは原則国産」の姿勢を崩しておらず、国内の製薬会社の開発を待っていることが背景にに控えている。
 しかし、国内では「子どもに安全なワクチンを接種させたい」という声が高まっており、不活化ワクチンを海外から調達して接種する医療機関が全国で増えている。
 佐賀市兵庫町の「やまのうち小児科・内科」(山内昌樹院長)は2月から、フランスから輸入した不活化ワクチンの接種も始めた。これまでに延べ100人が受け、取り扱っている医療機関がない長崎県や熊本県などから来院するケースも多い。現在、接種は1ヶ月待ちという。
 山内院長(38)は「不活化ワクチンはインターネットを使って容易に輸入できる。ポリオにならないために接種を受け、ポリオになってしまうのは理不尽すぎる。予防接種に関する国の取り組みは遅れている」と指摘する。
 ただし、生ワクチンの接種は公費による全額負担で無料だが、不活化ワクチンの接種は全額個人負担となる。接種は1人あたり4回が標準的なため、計2万円程度かかる。
 
国の補償ないことに注意

 不活化ワクチンの接種について行政に聞いた。希望する親の相談が昨年から徐々に増え始めたという佐賀市健康づくり課は、「取り扱っている市内の医療機関を紹介することにしている」と説明。県健康増進課は「国内では未承認のため、副作用が出た場合、国からの保証はない。かかりつけの医師と相談の上、接種してほしい」と、いずれも現時点では医療機関任せだ。
 患者らでつくる「ポリオの会」(東京都)に寄せられるワクチンに関する相談は年々増えており、一日に300件の相談が寄せられたこともあるという。
 小山万里子代表(62)は「生ワクチンによる感染は薬害ともいえる。先進国では日本だけがいまだに生ワクチンの接種を続けており、一日も早く不活化ワクチンに切り替え、ポリオに苦しむ子どもや親をこれ以上増やさないでほしい」と訴える。
 会によると、九州では、やまのうち小児科・内科(0952-33-8500)のほか、福岡県飯塚市の飯塚市立病院(0948-22-2980)、同宗像市の林外科医院(0940-33-5577)も不活化ワクチンを接種できるという。詳細は会のホームページ(http://www5b.biglobe.ne.jp/polio/)で。問い合わせは(03-3872-7359=ファックス兼用)へ。
posted by くま at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

東日本大震災の被災者支援のチャリティーイベントのご案内

僕自身は診療のために参加できませんが、いつか必ず見たい映画です。
ご都合がつく方は是非参加してください。そしてよければ感想を聞かせてください。

案内ここから↓

東日本大震災の被災者支援のチャリティーイベントとして
映画「107+1〜天国はつくるもの〜part2」の上映会を行います。
泣けて、心洗われ、そして元気になれる。そんな映画です。
そして、その映画を見て頂くことで、震災支援にもなるという欲張りなイベントです。
皆さんのおこしをお待ちしております。

日 程 2011年5月7日(土)
会 場 ドゥイング三日月(2F視聴覚室)佐賀県小城市三日月町長神田1845
時 間 13:30開場 14:00開演
料 金 1,000円 小学生以下無料
主 催 ローカルネットワークLEAF
問合せ 090-1178-2581(岩崎)


映画「107+1〜天国はつくるもの〜part2」あらすじ
愛知県岡崎市にある自然分娩の吉村先生はこう言う。
「しあわせなお産が日本を変える」
家が近いところの病院で出産するのか、それとも、じっくり探して納得したところで出産するのか?
それで、子どもだけでなく親の人生も大きく変わる。
毎日、生まれてくる小さくて偉大な命。
この命を未来に繋げたい。


今、世の中は天国?
ニュースから流れてくる悲しみや怒りの事件や事故、そして災害。
そんなニュースを見てただただ、涙を流しても、犯人に怒りを向けても世の中はなにも変わらない。
多くの人が自分に問いかけた。
悲しみの事件や災害がもう起こらないように、世の中に笑顔が溢れるように、今、自分に何が出来るのだろうか?
すべてはやるかやらないか、あきらめるかあきらめないか?
動けば変わる!


日本の食料自給率は40%。
これはいかんとまずは農業だ!と香川県小豆島で農業をはじめ、村つくりに挑戦したド素人達
地球温暖化防止新聞を3000万部発行し、2万人以上の人々が街や職場や学校で「みんなで温暖化を止めよう」と配りまくった。
今、世界では雨が減っていてこのままいくと、水の奪い合いの戦争が来ると予想されている。
どうしたら雨が増えるのか?
答えの一つが植林だった。
よし、木を植えよう!と中国で植林が始まった。
そして、その植林に末期ガンの野見山さんが参加していた。
「残りのわずかの人生、木を植えます。この植えた木は私が亡くなっても多くの命の力になってくれるはずですから」
日本に帰ると奇跡が動きだした。
検査をすると癌の腫瘍マーカーの数字が一気に下がった。
そして、次の年も野見山さんは植林に参加した。


さらに、余命半年、二年後に生きてる可能性は0%と言われた杉浦貴之との出逢いによって、生きる気力をもらう。
それは、夢。
杉浦は夢の力で奇跡を起こした。
1999年に末期ガンを宣告された杉浦は入院していたベッドの上で毎日描いた夢があった
いつか元気になってホノルルマラソンを走り、ゴール地点で彼女と抱き合い、次の日、ホノルルで結婚式をする。
杉浦は6年後にホノルルマラソンを出場し完走を果たした。
残念ながら彼女はおらず次の日、結婚という夢は叶わなかったが。
その杉浦の話を聞いた野見山さんはホノルルマラソン出場を決断。
杉浦も野見山さんをサポートする為に彼女と一緒に参加。
さらに、その挑戦に刺激された、障害を持った仲間が次々に参加!
そして、その挑戦者達をサポートしたいと応援者達も集まった。
2008年12月14日朝5時、ホノルルマラソンは始まった。



人間の可能性は無限だ
だから、あきらめる必要はない。
自分が走る事でそんなメッセージを伝えたいチャレンジャー達
それを支える応援する仲間。
奇跡は起こった、そして、次々に奇跡は連鎖した。
人は弱い。
しかし、人が出逢い支え逢う時、強くなる。
そして、一人一人が本来持っている、自分の力に出逢う。
人間は素晴らしいぞ〜
ラスト30分。
あなたの魂はしあわせな気持ちと感動で震えるでしょう。
posted by くま at 11:55| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

不活化ポリオワクチン どうしんweb(北海道新聞)の記事

学んで治そう
ポリオの不活化ワクチン 「生」よりも副作用少なく (2011/04/27)
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/health_news_manande/

Q.36歳女性。

5カ月の男児がいます。集団ポリオの予防接種がありますが、生きたウイルスの病原性を弱めた生のポリオワクチンはまひになる確率が高いとニュースで伝えていました。輸入のウイルスを殺した不活化ワクチンを自費で打てる医療機関もありますが、安全性を知りたいです。また副作用や救済措置はあるのでしょうか。

回答 辰巳正純さん 札幌医大病院小児科(札幌市中央区)

 急性灰白髄炎(ポリオ)はポリオウイルスの中枢神経への感染により引き起こされる疾患で、感染してまひが起こると筋力低下、筋肉萎縮といった後遺症が残ります。

 ポリオに感染した場合、有効な治療薬はないためワクチンによる予防が重要となります。現在日本では生ワクチンの経口ポリオワクチンが定期接種として行われ無料で受けることができます。

 生ポリオワクチンはこれまで世界中でポリオの流行を制御してきた優れたワクチンです。しかし数百万投与当たり1例というまれな頻度ですが、まひを起こし後遺症につながる副作用の可能性があります。このため日本でも今後は不活化ポリオワクチンへの切り替えが予定されています。

 現在不活化ポリオワクチンは個人輸入している医療機関でのみ接種が可能です。副作用のより少ない不活化ワクチンですが、副作用が全くないということはなく、注射に伴う痛みやアナフィラキシー(強い急性アレルギー反応)、接種部位の腫れ等の副反応の可能性があります。

 また定期予防接種にはならないため接種は有料になり、万が一接種に伴い健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく公的な救済制度を受けることができません。輸入業者によっては独自に「輸入ワクチン副作用被害救済制度」を設けている場合もありますが、詳しくは接種医に確認してください。
posted by くま at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。