2011年04月30日

不活化ポリオワクチン 北海道新聞掲載記事

不活化(ふかつか)ポリオワクチン 小児科2011/04/25
http://www.medical-h.net/column/?p=2287

みなさんはポリオワクチンにも口から飲む生ワクチンと注射でする不活化ワクチンの2種類があるのをご存知ですか?

 現在、日本のすべての自治体で行われているポリオワクチンの接種にはポリオウイルスから強い毒性をなくし弱毒化した生ワクチンを6週間以上間をあけて2回飲んでもらうという方法がとられています。

 昭和35年から36年にかけてのポリオの大流行の時は旧ソ連からポリオワクチンを緊急輸入して流行を防いだという実績のあるワクチンのおかげで、昭和55年以降野生のポリオウイルスでのポリオの発生がなくなりました。
しかし、一方でワクチンに由来するポリオの発生が平成19年度には4例、平成 20年度には7例発症するなど、ワクチン由来のポリオの発生が問題となるようになりました。

 平成22年には、ワクチン由来でのポリオの発生がない不活化ワクチンに早期に切り替えをするよう小児科学会から要望書が出され、ワクチンメーカーでの臨床試験が進んではいますが、製品化され多くの子供達がその恩恵を受けるためにはあと数年の時間が必要です。

 小児科医の有志たちは、この要望に応えるべく、独自に不活化ポリオワクチンを輸入して接種を始めるという行動をとっています。
世界中で認められているワクチンですから、安全性に問題はありませんが、国の承認を受けていないために、万が一事故が起こった場合の補償が限られること、接種方法が筋肉注射なので、1歳前のお子さんであれば、太ももに注射しなければならないことなどは知っておくべきでしょう。

 一般的にはポリオの生ワクチンは安全性、効果ともに問題はないのですが、どうしても心配な保護者の選択肢を増やしてあげたいという思いが、小児科医の心を動かしているものと思われます。
現在、私の知る限りでは道南地区では接種を行えるところが1ケ所、準備が整いあとはワクチンが届くのを待っているところが1ケ所あります。
不活化ポリオワクチンを受けさせたいと思われるのであれば、ご自身でもよく勉強され気持ちを決めてご相談ください。



Text by かみいそこどもクリニック 渋谷 好孝 院長(2011年4月25日 北海道新聞夕刊掲載)
posted by くま at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

不活化ポリオワクチン 毎日jpの記事

毎日jpの記事
記者の目:予防接種でのポリオ感染=小島正美(生活報道部)
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20110408ddm004070018000c.html

記者の目:不活化ワクチンの緊急輸入を=小島正美

 春の予防接種の季節を迎えた。気がかりなのがポリオ=急性灰白髄炎(かいはくずいえん)=のワクチン接種だ。ポリオを防ごうとしてワクチン接種したのに、そのワクチンでポリオが発症するという異常なことが日本で長く発生している。もはや国の放置は許されない事態だ。

 ポリオは、ポリオウイルスに感染して発症する。大抵は感染しても発症しないが、まれにウイルスが脊髄(せきずい)神経に侵入し、上下肢などがまひする。いわゆる小児まひだ。

 ポリオは1960年まで大流行していた。発症患者は年間約1000〜6000人もいた。事態を重視した政府はカナダや当時のソ連から生ワクチンを輸入し、発症率を劇的に低下させた。以後、国による生ワクチンの予防接種が行われている。

 ワクチンには2種類ある。生きたウイルスを弱毒化させた生ワクチンは経口で飲みやすいのが長所。ウイルスを殺した不活化ワクチンは注射する。予防効果に差はないという。

 生ワクチンは現在は公費で受けられるが、ごくまれに体内で変異して強毒化し、ポリオを発症させる場合がある。

 ◇生ワクチンで年4、5人発症
 滋賀県内の脇真由美さんの次男充希君も被害にあった。3年前、生後4カ月のときに生ワクチンの予防接種を受けた。約2週間後、熱が出た。熱が下がり、普通の生活に戻れると思ったら、右足が動かなくなった。病院でも原因がわからない。不安な思いで半年以上を過ごし、ワクチンによるポリオと診断された。充希君はいま右足に装具をつけて歩く。母親は訴える。

 「恐ろしい病気から、わが子を守りたい一心で予防接種を受けたのに、それで足が不自由になるなんて、親として、これほど悲しいことはない。同じような悲しみを増やさないためにも、国は不活化ワクチンを早く認めてほしい」

 欧米諸国はとっくに不活化ワクチンに切り替えている。米国は00年以降、不活化ワクチンに完全移行し、以来、ポリオの報告はない。いまも生ワクチンを接種しているのはアフリカの国やインド、アフガニスタンなどだ。

 生ワクチンによるポリオ発症者数について、3年前に福田康夫首相(当時)は、89年度以降に80人が発症したと国会に答弁書を提出した。世界保健機関(WHO)は発症率を100万人あたり2〜4人と推計する。これらの数字から、日本では毎年4〜5人が発症していると考えられる。ただ、患者などで組織する「ポリオの会」(東京)の小山万里子代表は「ポリオを診断できる医師が少ないので、実際はもっと多い」と見ている。

 小山さんらの問題提起を受け、不活化ワクチンを独自に輸入して接種する医師が増えてきた。同会によると、全国で約100カ所の医療機関が実施。東京都内の宝樹(たからぎ)真理医師は、予約した希望者に接種しており、「不活化ワクチンの方が安全なので、希望する親が増えている」と話す。

 問題は費用。不活化ワクチンは国が承認していないため、全額自己負担になる。生後2カ月から4回接種するが、1回当たりの費用は約4500〜1万円と高額だ。

 国内メーカーも不活化ワクチンを開発しているが、いま臨床試験の最終段階。早ければ今年末にも承認申請され、1年前後の審査を経て使用できる見通し。国産は2年待てということになる。

 そこで、患者たちは「政府が早く輸入して全国の病院に置いてほしい」と訴えるが、厚生労働省は生ワクチンの危険性への感度が鈍く、「業者からの承認申請がなく、認めようがない」(結核感染症課)と冷たい。

 ◇被災地での接種 感染の恐れも 
 2年前の新型インフルエンザ大流行のとき、政府はインフルエンザワクチンを海外から緊急輸入して使った実績がある。「同じように緊急輸入できるはずだ」と患者側は指摘するが、同省は「海外で使用実績があっても国内での安全性審査は必要」と説明。不活化ワクチンを例外的に認めるわけにはいかないという。

 今年、特に心配なことがある。生ワクチンを接種した子の便からは約1カ月間、ウイルスが排せつされる。今後、東日本大震災の被災地でも生ワクチンが接種されるだろうが、衛生管理が不十分なら、便などから未接種の子に感染する恐れもある。

 生ワクチンの被害者家族が声を上げ始めたのは、ここ数年のことだ。「国産の不活化ワクチンが承認されるまで、どこの病院でも(輸入ワクチンの)接種を受けられるようにしてください」(小山さん)という訴えを、国は真摯(しんし)に受け止めてほしい。

 こういう問題こそ政治の出番ではないのか。
posted by くま at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

放射線の害

原発事故が終息する見込みが無いまま、多くの方々に不安をもたらしているようです。
チェルノブイリと同等の事故だったと今になって報道がありました。
実は3月16日の時点でレベル7もありうるという事は予測されていました。

「レベル7」もあり得る 米シンクタンク 状況は「相当悪化した」
 米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は15日、東日本大震災に伴う福島第1原発の事故について、「状況は相当悪化した」との見解を示す声明を発表した。 声明は、同原発の事故は国際原子力事象評価尺度(INES)の「レベル4」を超えて上から2番目の「レベル6」に近く、最も深刻な「レベル7」に達する可能性もあると指摘した。
 同原発では、2号機で爆発音が上がって原子炉格納容器の圧力抑制プールが損傷。4号機でも爆発音がして火災が発生、外部に高濃度の放射性物質が漏れたとみられている。(共同) [ 2011年3月16日 14:10 ]


このような状況では最悪を想定して、まずレベル7として、もし被害が小さいようなら
後からレベルを下げても良かったはずです。

(予防原則)1992年の環境と開発に関する国際連合会議(UNCED)リオデジャネイロ宣言の第15原則には以下のようにまとめられた。
原則15 環境を防御するため各国はその能力に応じて予防的取組を広く講じなければならない。重大あるいは取り返しのつかない損害の恐れがあるところでは、十分な科学的確実性がないことを、環境悪化を防ぐ費用対効果の高い対策を引き伸ばす理由にしてはならない。


国も東電も報道も信用できないこの現状で、日常で放射線の害を少しでも減らす可能性があることをまとめてみました。
放射線は通常の生活でもみんな浴び続けており、常に修復し続けています。その働きを強化することが、すこしでも今回の放射線の害を減らすことにつながれば良いのではないかと考えています。
(確実に害を減らすものではないということは、ご了承ください。)

「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む
posted by くま at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

不活化ポリオワクチン情報

NHKで不活化ポリオワクチンの情報が放送されたそうです。

あさイチ
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/04/04/01.html
続きを読む
posted by くま at 12:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。